Monday, February 16, 2009

キューバ入門 102: アグリクルトゥーラ




February 2004


続き


Agriculture: 農業


まず、革命軍は国民の教育と医療をタダにして、農地の国有化と食料の自給率アップに取り組んだ。

私が訪れたピナール・デル・リオという州や首都のハバナ郊外では、どこのコミュニティーにも「地域のクリニック」と「地域の畑」があった。

畑の共有利用スタイルは、地区住民が出す生ごみで堆肥をつくり耕す。基本オーガニックスタイルで、安心安全の正に野菜や穀物の地産地消。すばらしい。見学させてもらった畑には、アメリカ人の学生グループ、ドイツ人研究者グループ、カナダ人のグループなどが視察や実地研修などしていて、世界中からかなり注目されている循環型エコな農業システム。

但し,出回っている食品や日用生活品などの絶対数がすごい少ないので,購入できるものは限られるし,基本的に贅沢な食生活はありえないと思う.


続く

2 comments:

XXX RATED STREET BLOG said...

いつも貴重な情報ありがとう、気合いいれて読んでるぞ

Motoharu Nochi said...

XXX Rated Street,

ありがとう.恐縮です.
こちらも気持ち引き締めて,更に「伝える」書き物へとやってくぞ.